ウインバリアシオン、金鯱賞で復帰へ その後は有馬記念を予定

[ 2014年10月30日 05:30 ]

 宝塚記念7着後に左前脚の屈腱炎を再発したウインバリアシオン(牡6=松永昌)は、金鯱賞(12月6日、中京)で復帰することが分かった。松永昌師は「脚元は大丈夫だし、レースの1カ月ぐらい前に戻すつもり」と話した。その後は有馬記念(12月28日、中山)を予定しているが、前走コンビを組んだ岩田はゴールドシップに騎乗するため、鞍上は金鯱賞を含め未定となっている。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2014年10月30日のニュース