【府中牝馬S】ディアデラマドレ豪快末脚、重賞2勝目!

[ 2014年10月19日 05:30 ]

<府中牝馬S>レースを制した(5)ディアデラマドレ。左は2着の(3)スマートレイアー

 エリザベス女王杯の前哨戦となる「第62回府中牝馬S」が18日、東京競馬場で行われた。4番人気ディアデラマドレが快勝、6月のマーメイドSに続き重賞2勝目を挙げた。

 ハナを切ったオツウが飛ばす縦長の展開を後方から追走。4角を迎えても、まだ後方から2頭目の位置取りだったが、直線で外に持ち出すと豪快な末脚を発揮。先行馬群を一気にのみ込み、最後は同じく後方から追い込んだスマートレイアーとの一騎打ち。猛追を半馬身差で振り切った。「道中をリズム良く走らせることに集中した。最後もよくしのいでくれた。馬の具合は本当に良かったので勝ててうれしい」。藤岡康は満面の笑みで振り返った。

 エリザベス女王杯(11月16日、京都)の優先出走権を獲得したが、翌週のマイルCS(同23日)も選択肢に入っている。角居師は次走について「府中の千八で強い競馬ができたから、どこにいっても戦える。(藤岡)康太の馬なので、次も話し合って決めたい」とした。

 ◆ディアデラマドレ 父キングカメハメハ 母ディアデラノビア(母の父サンデーサイレンス)牝4歳 栗東・角居厩舎所属 馬主・キャロットファーム 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績11戦5勝 総獲得賞金1億2901万8000円。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2014年10月19日のニュース