×

【毎日王冠】藤沢和厩舎 3頭出しの大攻勢で上位独占だ

[ 2014年10月7日 05:30 ]

 関東の名門・藤沢和厩舎が毎日王冠に3頭出しの大攻勢だ。NHKマイルC4着以来5カ月ぶりの戦列復帰となる3歳馬ロサギガンティア、前走・メイSで3連勝と本格化気配の5歳馬スピルバーグ、実績一番の7歳馬ペルーサと、3本の矢で挑む。

 ペルーサは3戦連続2桁着順と不振だが「前走(エプソムC15着)はレースの上がりが速くて脚色が一緒になったが、しっかり脚を使っていた。悲観する内容ではない」と津曲助手は地力健在をアピール。

 厩舎レクリエーションのため変則日程で調教が行われた6日は、ロサギガンティアが芝コースで5F65秒7、ペルーサも同コース72秒9をマーク(いずれも馬なり)。スピルバーグは坂路1本(4F64秒1)の調整。津曲助手は「どの馬も時間に余裕があったので、しっかりと調教を積めている」と仕上がりに太鼓判。力を出し切れれば上位独占の可能性も十分ある。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2014年10月7日のニュース