【凱旋門賞】地元メディアは日本馬に辛口 トレヴ鞍上ジャルネも苦言

[ 2014年10月7日 05:30 ]

一夜明け元気な姿を見せるハープスター(提供・JRA)

 日本馬3頭が出走して5日に行われた仏G1「凱旋門賞」は、ハープスター(牝3=松田博)6着、ジャスタウェイ(牡5=須貝)8着、ゴールドシップ(同)14着とそろって惨敗。日本馬の悲願達成はならなかった。3頭はレースから一夜明けた6日、シャンティイの小林智厩舎に戻って静養。同日付の地元メディアは、今回の挑戦に対し厳しい見方を示した。3頭は10日に現地を出発し、成田空港経由で帰国する予定だ。

 斤量が有利なこともあり、上位人気に推されていた3歳牝馬ハープスターだったが、6着に敗れた。後方待機からの末脚勝負は作戦通り。川田はレース後「ゲート内で待たされて、馬がおとなしくなりすぎた。普段以上に進んで行かず、思った以上に(後方に)置かれてしまった」と振り返った。レースのラスト3Fの公式ラップは34秒45。道中20頭中19番手につけていたハープが、33秒台前半の末脚を繰り出したのは確実。序盤に少しだけ狂ったリズムが、結局は尾を引いた。

 最後の直線は大外に持ち出した。「先生からの指示でいつもの競馬。悔いはありません」と川田。松田博師も「この馬のパターンで負けたんだ。仕方ない」と話し、陣営にしてみれば納得のレースだった。だが優勝馬トレヴのヘッド師の見立ては違う。「ハープスターの末脚は凄かった。でも、あれだけ外を回っては厳しい」と語っている。

 6日付の仏競馬専門紙「パリ・チュルフ」は、連覇したトレヴ一色。日本馬については写真掲載もなく扱いは小さめ。記事の前段は「今年も日本馬は報われなかった」と同情的な内容だったが、後半では論調が一変。3頭の総論として「現地での前哨戦を使わなかった」ことを敗因の一つに挙げ、レースについても「外を回すだけの消極的な騎乗になった。戦略が足りなかった」と厳しい分析をしている。

 トレヴをVに導いたジャルネは「日本馬が凱旋門賞を勝つにはどうすればいい?」という問いに「ロンシャンは特殊な競馬場。やはりそこを走った経験は非常に大事」と前哨戦を使うことの重要性をアピール。さらに「こちらのレースは戦略が大事。流れ、展開を読めないと勝てないんだ」とレース運びに苦言を呈した。

 外国人記者の日本馬についての感想は「勝てるチャンスはあったが、馬も人も経験不足」というのが共通意見。確かに今年の3頭は馬だけでなく、騎手も凱旋門賞初参戦。これについては、今後も諦めることなくチャレンジを続け、個人としてもチームとしても経験を蓄積していくしかない。

 パリ・チュルフ紙の記事はこう締めくくっている。「親日派のペリエが、スタンドで観戦していたよ」。なぜ騎乗依頼をしなかったのか、という痛烈な皮肉。このままでは引き下がれない。敗戦の屈辱も糧にして、悲願へ挑戦あるのみだ。

 ◆凱旋門賞VTR ラビットホース(ペースメーカー)のモンヴィロンの逃げで淡々とした流れ。ジャスタウェイは後方4番手、ハープスターは後方2番手、ゴールドシップは最後方から。直線はジャスタがインを突き、ハープとゴールドは外を回したが、いずれもV争いには加われずハープの6着が最高。インで脚をためたトレヴが抜け出し、2馬身差の快勝。36年ぶりの連覇を成し遂げた。

続きを表示

この記事のフォト

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2014年10月7日のニュース