【新潟新馬戦】9番人気ハナズプルメリア、直線抜け出し快勝

[ 2014年9月8日 05:30 ]

 新潟5R(芝1400メートル)新馬戦は、9番人気のハナズプルメリア(牝=加藤和、父キングカメハメハ)が直線抜け出して快勝。ゴール前で追いすがるサイレンスムーン(2着)を半馬身振り切ったレースぶりに、騎乗した伊藤は「ゲートもすんなり出て、先行勢の後ろで折り合えた。ひるむことなく抜け出したし、ゴール前もしぶとい。言うことなし」と評価。ハナズゴールのオーナーで知られるマイケル・タバート氏が昨年の北海道セレクションセール(1歳馬のせり)で購入(税別735万円)した牝馬。馬体重416キロと小柄ながら、00年クリスタルC優勝のスイートオーキッドのめいに当たる血統とあって目が離せない。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2014年9月8日のニュース