ローウィラー、斜行で騎乗停止8日間 重賞初Vも処分にガックリ

[ 2014年9月8日 05:30 ]

 マーティンボロに騎乗したナッシュ・ローウィラー(39=オーストラリア)は、直線の内斜行で13日から10月5日まで23日間(実効8日間)の騎乗停止処分を受けた。

 直線でごった返した馬群の中でアドマイヤタイシの進路をふさぐと、ダコール、メイショウナルト、ニューダイナスティ、アロマカフェの進路にも影響を与える大立ち回り。「周りが混み合っていて…。そういう経験がないのでコントロールしづらかった」と同騎手は肩を落とした。

 4月の豪州G1オールエイジドSではハナズゴールとの初コンビで優勝。その手腕を買われて、6月28日から9月14日までのJRA短期免許で日本に参戦した。JRA重賞は7回目の挑戦となった新潟記念で待望の初勝利。「2、3着が続いたがようやく勝てた」と優勝後は笑顔を見せたが、ペナルティーを受けて日本ラストウイーク(13、14日)の騎乗はキャンセル。9月中旬から予定していた香港での騎乗も10月5日まで不可能になった。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2014年9月8日のニュース