【小倉2歳S】戦い終えて

[ 2014年9月8日 05:30 ]

 ▼4着ゼンノイザナギ(北村友)楽にいい位置に付けられたが、追ってから最後がジリで…。

 ▼6着タガノアザガル(藤岡佑)発走の仕切り直しもあってスタートがポコッと出た。追ってはじけるところがなかった。

 ▼7着セカンドテーブル(義)道中右にモタれっぱなし。中1週で疲れもあったのかも…。

 ▼8着タガノヴェルリー(武幸)集中してない。きょうはアカンかったけど長い目で見れば良くなる。

 ▼9着デイドリーム(国分恭)スタートで両サイドから来られ、ひるんだ。

 ▼10着ダンツメガヒット(川須)最後はいい脚を使っている。競馬に行って落ち着きもあった。

 ▼11着クリノヤクマン(熊沢)4コーナーから自分で上がって行って、いいところは見せた。九州産だけど、いいところはあるね。

 ▼12着オメガタックスマン(浜中)外枠がきつかった。勝負どころから余力がなかった。 

 ▼13着クールホタルビ(小牧)スタートがめちゃくちゃいいので前に壁がつくれず、ハミをかんでしまった。

 ▼14着ノーブルルージュ(高倉)気難しくハミを取らなかった。

 ▼15着メイショウマサカゼ(太宰)スタートがもったいなかった。あれがなければと思う。 

 ▼17着ヒマラヤテンカ(岩崎)メンバーが強かった。この馬なりの競馬はできた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2014年9月8日のニュース