エリモシック死す 21歳、呼吸不全 97年エ女王杯V

[ 2014年8月7日 05:30 ]

的場均とのコンビで97年のエ女王杯を制したエリモシック

 97年のエリザベス女王杯を制したエリモシックが6日午後3時、両肺からの出血による呼吸不全により、北海道浦河町の本桐牧場で死んだ。21歳だった。

 エリモシックは3歳3月のデビューから着実に力を付けて、秋華賞がファビラスラフインの2着。古馬になって本格化すると、4歳秋のエリザベス女王杯では的場均とのコンビで1番人気のダンスパートナーを下し、G1初制覇を果たした。

 昨年ワークフォースの牝馬を出産後に繁殖を引退。その後は功労馬として本桐牧場で余生を過ごしていたが、先月から体調を崩し、馬房で静養していた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年8月7日のニュース