【小倉サマーJ】ブシドウ圧勝!ディープ産駒が障害重賞初制覇

[ 2014年8月3日 05:30 ]

小倉サマージャンプ、1着メイショウブシドウに噛み付いて喜ぶ高田潤

 小倉8Rで行われた小倉サマージャンプは早め先頭から後続を突き放したメイショウブシドウが8馬身差で圧勝。ディープインパクト産駒は障害重賞初制覇となった。

 このレース6勝目で史上初となる、同一JRA障害重賞4連覇の快挙を達成した高田は「自分のことはどうでもよかった。お世話になっている角居厩舎の馬で何としても、と思っていました。まだまだ上を目指せる馬です」と話した。角居厩舎は障害重賞初勝利。合わせて歴代最速(開業13年5カ月2日での達成は、森師の15年10カ月20日を上回る最速記録)、史上4人目の全10場重賞制覇を果たした。

 ▽メイショウブシドウ 父ディープインパクト 母スイートストームクリーク(母の父ストームクリーク)牡5歳 栗東・角居厩舎所属 馬主・松本好雄氏 生産者・北海道浦河町三嶋牧場 戦績27戦7勝(うち障害11戦4勝) 総獲得賞金1億2230万9000円(うち障害1億205万9000円)。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年8月3日のニュース