ハルウララ 千葉・御宿で余生、NPO法人がサポート呼び掛け

[ 2014年7月16日 09:45 ]

ハルウララの背に乗り馬場に向かう武豊(2004年3月、高知競馬場)

 かつて高知競馬で連戦連敗が話題を呼んだハルウララ(牝18)が、千葉県内で余生を送っており、15日に「サポートホース」としNPO法人引退馬協会のサイトで寄付の呼び掛けが行われた。

 同馬は113戦して勝ち星なし、03~04年にかけ走っても走っても勝てない姿が反響を呼び、中央競馬のトップジョッキー武豊が騎乗したり、映画化されるなど大ブームとなった。その後、06年に競走馬登録を抹消され、千葉県内の牧場に預けられるなどして、引退後の余生を過ごしていたが、長い間消息が公開されていなかった。

 現在は千葉県御宿町の牧場でけい養されており、予約すれば見学も可能だ。

続きを表示

この記事のフォト

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2014年7月16日のニュース