【七夕賞】グランデスバル 恒例プールでリラックス

[ 2014年7月10日 05:30 ]

プールでトレーニングを行ったグランデスバル

 グランデスバルはいつも通りのプール調教で態勢を整えた。Aコースをゆったり2周してからプールへ。秒速1.0メートルの水流に逆らい全長39.3メートルの直線プールを3本泳ぎ、ラストは水流を背に逆戻りで1本。リラックスした様子で馬体から水を滴らせた。

 気難しいためコースでは強い調教をできないが、昨秋に500万を勝って以降は安定した戦績でオープン入り。星野師は「以前に比べトモ(後肢)の筋肉など体が良くなった。それが成績にも表れている」と成長を強調。重賞初挑戦の前走・目黒記念は逃げて9着に敗れたが、師は「気分良く走れれば、どの位置でも大丈夫だと思う。とにかく馬の気持ちだけ」とハナにはこだわっていない。

 プールには主戦の杉原も駆け付けて様子を見守った。人馬共に重賞初Vが懸かる一戦。杉原は「レースでは真面目で最後まで頑張ってくれる。前走から距離が短くなるのもいいと思う」と期待を口にした。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2014年7月10日のニュース