人間なら60歳以上…15歳馬セニョールベスト、400走達成 

[ 2014年7月6日 20:38 ]

400走を達成したセニョールベスト

 高知競馬(高知市)に所属するセニョールベスト(15歳、牡)が6日夜、高知競馬場でレースに出走し、通算出走数を400とした。1969年に地方競馬全国協会の記録が整備されて以降の国内最多出走(ばんえい競馬を除く)301走を2012年に達成し、記録を更新し続けている。

 高知競馬組合によると、人間なら60歳以上。この日で走行距離は約540キロになり、これまでに32勝を挙げている。01年に浦和競馬場(埼玉県)でデビューし、名古屋(名古屋市)などを経て03年に高知に来た。

 6日のレースでは7番人気で、7頭中6着に終わった。

 調教師の宗石大さん(63)は「これからもペガサスのように羽ばたいてほしい。400走はファンタジーのようだ」とのコメントを発表した。

 競馬ファン歴20年以上という高知市の男性(62)は「人間で言えば同世代の馬が元気に走っているのを見ると勇気づけられる」と笑顔で話した。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2014年7月6日のニュース