【函館新馬戦】1番人気トウショウピスト ノーステッキで初陣V

[ 2014年6月16日 05:30 ]

函館5R新馬戦は1番人気のトウショウピストが快勝

 函館5R(芝1200メートル)新馬戦は、1番人気のトウショウピスト(牡=角田、父ヨハネスブルグ)が、すんなりと好位を確保。直線で難なく抜け出し、母シーイズトウショウが重賞を連覇(04、05年函館SS)した舞台で初陣を飾った。「期待通り。馬混みでも嫌がらず走ってくれたし直線もノーステッキ。いいスタートを切れました」と池添も満足げ。放牧には出さず函館で調整して函館2歳S(7月19日)を目指す。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2014年6月16日のニュース