オルフェーヴル 日本馬初の「ワールドベストレースホース」を受賞

[ 2014年5月31日 05:30 ]

 昨年の有馬記念優勝を最後に、種牡馬入りしたオルフェーヴル(牡6)が「ロンジンワールドベストレースホース」を受賞したことが30日、JRAから発表された。同賞は13年に新設され、日本馬では初受賞。国際競馬統括機関連盟(IFHA)が規定する前年レースを対象とし、国際ハンデキャッパー会議のランキングで好成績を収め、観衆を魅了したサラブレッドに贈られる。有馬記念のパフォーマンスが評価された。表彰式は6月10日に都内ホテルで行われる。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2014年5月31日のニュース