JRA単勝史上最高払戻金出た 59年ぶり!5万6940円

[ 2014年4月27日 05:30 ]

 26日の福島8R(4歳以上500万下、牝馬限定)で、単勝式のJRA史上最高払戻金が飛び出した。西田騎乗の16頭中、16番人気リバティーホール(牝5=堀井)が勝ち、単勝払戻金5万6940円。従来の同最高払戻金は55年10月22日、阪神6R(アラブ系4歳上オープン、8頭立て)で8番人気タチバナヒメ(谷八郎騎乗)が勝った時の5万5870円で59年ぶりの記録更新となった。

 同馬は公営時も含め、通算20戦3勝。笠松で2勝を挙げたが、JRAでは10戦して掲示板(5着以内)入りがなく、3走前の7着が最高。昨年10月の浦和での交流戦8着以来、約半年ぶりの実戦で突然の激変だった。

 東京競馬場のテレビで快走を見届けた堀井師は「妹のバーニングハートが芝1200メートル(12年9月中山)で初勝利を挙げた馬で短距離の芝は合うと思っていたけど…。まさか、勝つとは思ってなかった」と驚きの表情。「そんなに昔の記録を更新したんですか?」と感心しきりだった。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2014年4月27日のニュース