【桜花賞】フクノドリーム 横典Jr初G1、大逃げでファン沸かすか

[ 2014年4月11日 05:30 ]

横山和はデビュー4年目で初のG1に挑む

 フクノドリームに騎乗する横山和生(21)はデビュー4年目で初のG1。昨秋の交流G3エーデルワイス賞を勝ち、自身の重賞初Vを飾った馬で待望のG1参戦だが、横山和は「G1だからといって変わったことをするつもりはない。やれるだけのことをやるだけ」と冷静。送り出す杉浦師は「今回は何が何でも逃げてもらうつもり。初めてのG1だから楽しんで乗ってきてほしい」とエールを送った。父・典弘がいまだ未勝利のG1でファンを沸かせる大逃げを打つか。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2014年4月11日のニュース