【大阪杯】傾向と対策

[ 2014年4月6日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆臨戦過程 年明けに1戦以上消化しているのが理想。今年初戦の場合はG1からの直行が条件。

 ☆年齢 連対20頭中、14頭が4~5歳馬。高齢馬は苦戦する傾向。

 ☆牝馬 4頭で5回出走とサンプルは少ないが、G1・3勝ダイワスカーレットが08年V、2勝カワカミプリンセスが09年3着。実績馬なら十分通用。

 ☆馬番 5番が04~06年の3連勝を含む4勝とラッキーナンバー。

 結論 ◎メイショウマンボ ○エピファネイア ▲キズナ

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2014年4月6日のニュース