【高松宮記念】戸崎、リアルで重賞10勝目視野

[ 2014年3月30日 05:30 ]

 リアルインパクトとコンビを組む戸崎圭太騎手(33)は29日中山で1勝を上積みし、今年33勝(2着25回)。関東では首位、全国では川田(35勝)に次ぐ2位を快走中だ。リアルインパクトは11年安田記念でJRA・G1初制覇を飾った愛馬とあって「思い入れがあります」と話す。最終追いにも騎乗した鞍上は「前走も最後まで長くいい脚を使っていた。パワーがある馬だから、雨が降って時計がかかるのはいい」と気合。勝てば、区切りのJRA重賞10勝目(G1・3勝目)となる勝利を視界に入れていた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年3月30日のニュース