【ドバイ・ゴドルフィンM】ブライトライン伸びず5着

[ 2014年3月30日 05:30 ]

 ドバイ国際競走が29日(日本時間同日深夜)、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ・メイダン競馬場で行われた。第2レースとなるゴドルフィンマイル(オールウエザー1600メートル)に出走した唯一の日本馬ブライトライン(牡5=鮫島)は5着に終わった。道中は馬群の外の3、4番手を追走、直線の末脚に懸けたが伸びを欠き、流れ込むようにゴールした。優勝はマーカス騎乗のヴァライエティクラブ(牡5=南アフリカ)だった。

 ◆ゴドルフィンマイル(G2、オールウエザー1600メートル、15頭)
(1)ヴァライエティクラブ(マーカス)1分37秒28
(2)ソフトフォーリングレイン
(3)フローティラ
(5)ブライトライン(福永)

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2014年3月30日のニュース