【日経賞】一発ムード漂うホッコーブレーヴ 松永康師「好勝負に」

[ 2014年3月28日 05:30 ]

 土曜の中山メーン・日経賞では、昨年ジャパンC12着以来のホッコーブレーヴに一発ムードが漂う。

 松永康師は「ジャパンCは着順ほど差はなかったし、悲観する内容ではなかった。放牧を挟み、暖かくなるまで待ったことでいい仕上がりになっている」と好感触。2走前、同距離のG2アルゼンチン共和国杯では5着好走。師は「距離はOK。右回りでも勝っているし、中山は問題ない。実力的にも好勝負になると思う」と重賞初制覇を誓っていた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2014年3月28日のニュース