【フラワーC】珍事!JRA重賞2週連続で2着同着

[ 2014年3月22日 05:30 ]

<フラワーC>2着同着を表示する掲示板

 2着は好位追走から叩き合ったマイネグレヴィルとパシフィックギャルが同着。先週の中山牝馬S(ケイアイエレガントとキャトルフィーユ)に続き、JRA重賞で2週連続2着同着が発生したのは84年グレード制導入以降で初。グレヴィルの柴田大は「馬場が乾いたのが痛かった」と振り返り、パシフィックのシュタルケは「直線で二の脚を使って頑張ってくれた」と称えた。

 両馬の馬主には2、3着の賞金を足して2で割った額(1125万円)が支給されるが、レース出走の基準となる収得賞金はそれぞれに700万円が加算されグレヴィル1700万円、パシフィック1650万円。桜花賞出走のボーダーを上回ったが、2頭共に回避する見込み。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2014年3月22日のニュース