【豪クールモアC】えっ!ハナズゴール、ハンデ増!?

[ 2014年3月22日 05:30 ]

豪G1クールモアクラシック出走に向け調整するハナズゴール

 22日の豪州のG1クールモアクラシックに出走するハナズゴール(牝5、加藤和)が21日、現地で最終調整を行った。

 加藤助手を背に滞在しているランドウィック競馬場のサンドコースでごく軽めに乗られた。見守った加藤和師は「良い感じで仕上がっていると思います。これなら楽しみです」と納得顔。

 もっともハンデが54・5キロから56キロに増量(トップハンデ馬が回避したため)となった独特のルールには唇をかんでみせた。同師は「小柄な馬なのでハンデは背負わないにこしたことはない。あとは速い流れになって折り合ってくれることを願うだけ」と好走を祈っていた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2014年3月22日のニュース