【中山新馬戦】マサノグリンベレー“関東圏ラスト”V

[ 2014年3月22日 05:30 ]

<中山4R>レースを制したマサノグリンベレー

 21日の中山4R新馬戦(ダート1800メートル)は、関東圏で行われる現3歳世代最後の新馬戦を制したのは5番人気マサノグリンベレー(牡=小島茂、父ゴールドヘイロー)。好位から抜け出すと直線鋭く伸びて後続を1馬身1/4突き放した。田辺は「調教から動くと思っていた」と笑顔。小島茂師は「脚元を痛め仕切り直しになったが、(新馬戦に)間に合って良かった」と安どの表情だった。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2014年3月22日のニュース