【スプリングS】マイネルフロスト復調ムード“状態申し分ない”

[ 2014年3月18日 05:30 ]

 高木厩舎はマイネルフロスト、ウインマーレライの2頭をスタンバイ。中でも昨夏の新馬、コスモス賞を連勝したマイネルフロストが復調ムードだ。12日の1週前追い切りではWコースで6F81秒2の猛時計。高木師は「状態は申し分ない。前走(共同通信杯4着)は2角で他馬と接触してリズムを崩したが、それでも最後は伸びている」と巻き返しに手応えをつかんでいた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2014年3月18日のニュース