【スプリングS】ロサギガンティア 藤沢和師「距離問題ない」

[ 2014年3月18日 05:30 ]

 ロサギガンティアが3歳春を迎えて上昇一途だ。「変わり身が大きい。行きっぷりがいいし瞬発力も出てきた」と藤沢和師は語る。前走は528キロの巨体を持て余すことなく中団から差し切った。「母(ターフローズ)はスタミナのあるドイツ馬。距離は問題ない。小回りコースも大丈夫」と好感触を得ていた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2014年3月18日のニュース