【フラワーC】クリスマス試金石の一戦 斎藤師「きっちり仕上げた」

[ 2014年3月18日 05:30 ]

 金曜中山メーンはフラワーC。17日の美浦トレセンは全休日だったが、18日に追い切りを予定している馬は、事前に届け出た上で調教を行った。昨年の阪神JF(4着)以来となるクリスマスは角馬場で入念にキャンター。

 見届けた斎藤師は「今後の路線を決める一戦。きっちり仕上げた」と語った。函館2歳Sを勝ったため短距離馬のイメージが強いが「武豊騎手もM・デムーロも、距離に融通は利くと言っている。他馬を気にするので先行か追い込みかの極端なレースになるがチャンスは十分」。18日、新コンビの田辺を背に追い切る。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2014年3月18日のニュース