【フェブラリーS】抽選突破コパノリッキー“良化の気配ある”

[ 2014年2月21日 05:30 ]

 最後の出走枠に2分の1の抽選で滑り込んだのは、コパノリッキー(ケイアイレオーネが落選)。村山師は「入って良かった」と胸をなで下ろした。近走は不振も、3歳時には伏竜S→交流G2兵庫CSを連勝した素質馬。「CWコースで乗り込むようになって体質強化。体も増えて気合も乗っている。良化の気配はあるので、何とかきっかけをつかんでほしい」と話した。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年2月21日のニュース