原田敬、2度目の体重調整失敗で30日間騎乗停止

[ 2014年2月3日 05:30 ]

原田敬伍騎手

 2日の京都1R、エイユーバーチョ(▲51キロ)は騎乗予定だった原田敬伍騎手(18)が体重調整に失敗したため、城戸義政(▲51キロ)へと乗り代わった。1日は51キロ(京都1Rティエスアーク=13着)で騎乗していた。このことについてJRAは2日、原田敬に対し、2月3日から3月4日まで30日間(開催日8日間)の騎乗停止処分を科した。

 同騎手は昨年6月8日の阪神10Rでもウォーターセレネ(50キロ)に騎乗予定のところを体重調整ができず、サウナで熱中症を発症。2日間の騎乗停止となっていた。JRAは、このことを重くみて今回、加重制裁とした。また、昨年7月3日には、前月28日(金)に栗東の調整ルームに入室後、携帯電話を使用してツイッター(短文投稿サイト)を閲覧し、友人のツイートに複数回、返信したことが分かり、騎乗停止30日の処分を受けていた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年2月3日のニュース