サクラチトセオー死す…24歳、老衰 95年秋天制覇など重賞4勝

[ 2014年1月31日 05:30 ]

95年天皇賞・秋を制したサクラチトセオー。ファンの歓声に応える鞍上・小島太

 競走馬のふるさと案内所のホームページによると、JRA賞最優秀5歳以上牡馬(当時)に輝いたサクラチトセオー(24歳)が30日早朝、繋養(けいよう)先の北海道新ひだか町の新和牧場で老衰のため死んだ。

 同馬は現役時、21戦9勝。馬主・さくらコマース、境勝太郎厩舎、騎手・小島太という「名トリオ」でファンを沸かせ、95年天皇賞・秋(G1)などを含む重賞4勝を挙げた。同期のダービー馬はウイニングチケット。また妹サクラキャンドルも95年のエリザベス女王杯を制した。

 95年有馬記念3着を最後に現役を引退、翌年から北海道の静内スタリオンステーションで種牡馬入りした。産駒の重賞勝ち馬はラガーレグルス(99年ラジオたんぱ杯3歳S)、ナムラサンクス(04年ダイヤモンドS)、ナムラリュージュ(05年阪神スプリングジャンプ)がいる。10年に種付け頭数がゼロになり種牡馬引退、11年から同牧場で繋養されていた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年1月31日のニュース