【白富士S】ペルーサ、20カ月ぶりに復帰!“まだまだやれる”

[ 2014年1月29日 05:30 ]

 東京初日のメーン・白富士Sで1年8カ月ぶりにペルーサ(牡7=藤沢和)がターフに復帰する。10年天皇賞・秋2着馬。出遅れ癖との格闘もあった個性派も7歳を迎えた。前走・安田記念(18着)の鞍上は引退した安藤勝己氏。積み重なった年月が分かる。中間、喉を手術。年末に帰厩後、順調に乗り込んだ。「喉はだいぶ良くなった。調整のピッチも上がっている。まだまだやれる」と藤沢和師は話した。

続きを表示

「2021 NHKマイルC」特集記事

「京都新聞杯」特集記事

2014年1月29日のニュース