【中山5R新馬戦】6番人気パワースラッガー 楽々逃げ切りV

[ 2014年1月6日 12:57 ]

 メイクデビュー中山は6日、中山競馬場5R(芝1600メートル・晴良)で行われ、江田照騎乗の6番人気、パワースラッガー(牡3=菊川厩舎、父ウインラディウス、母クリスタルフローラ)が逃げ切って新馬勝ちを飾った。勝ち時計は1分37秒8。

 レースはスタート良かったパワースラッガーが先頭を切り、バリスが直後につける流れ。最初の1000メートルは62秒9と緩いペース、4コーナーを回って手応え十分のパワーとそれを追うバリスの行った行ったの競馬になり、上がり3ハロンを全て11秒台にまとめたパワーが楽々逃げ切った。

 1/2馬身差の2着にバリス、そこから4馬身離れてダークダイナミックが3着に入った。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2014年1月6日のニュース