【立川・鳳凰賞典レース】地元勢大苦戦も佐久間が光る

[ 2014年1月6日 05:30 ]

 一次予選とは一転、二次予選は地元勢が大苦戦。そんな中、ホームバンクの佐久間だけが気を吐いた。カマした古屋に乗って番手有利に抜け出し快勝。記念では初となる連勝での勝ち上がりを決めた。地元のベテランは「これで今年の運を全て使っちゃったかな?」とジョークを飛ばした。「初日は脚が重かったけど二予は軽かった。連日、前のおかげ。謙虚に頑張ります」と12年以来の立川記念決勝進出へ胸を躍らせていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2014年1月6日のニュース