【ジュニアC】エスメラルディーナ連勝 斎藤師「非常に強い勝ち方」

[ 2014年1月6日 05:30 ]

 中山10R、3歳オープンのジュニアCは1番人気の米国産馬エスメラルディーナ(父ハーランズホリデー)が2番手から抜け出して2勝目を挙げた。ダートの新馬戦、芝のオープン特別を連勝した走りに田辺は「まだシンが入っていないのに牡馬相手に勝つとは凄い素質」と評価。斎藤師は「完成途上の馬体で2連勝。しかも非常に強い勝ち方。次走は未定も権利を取って桜花賞(4月13日、阪神)を目指したい」と語った。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2014年1月6日のニュース