【川崎・全日本2歳優駿】ハッピースプリント 直線抜け出し初G1

[ 2013年12月18日 21:10 ]

地方競馬の第64回全日本2歳優駿で優勝したハッピースプリント

 地方競馬の第64回全日本2歳優駿(1600メートルダート、統一G1)は18日、川崎市の川崎競馬場で行われ、1番人気でホッカイドウ競馬所属のハッピースプリント(宮崎光行騎乗)が1分40秒4で優勝し、G1初制覇を飾るとともに、1着賞金3500万円を獲得した。

 3番手をリズム良く進んだハッピースプリントは最後の直線で楽々と抜け出し、後続を突き放した。1馬身1/2差の2着には逃げた5番人気のスザク(中央)が粘り、さらに6馬身差の3着は8番人気のサーモピレー(船橋)だった。

 ナイトバロン(船橋)は負傷のため競走除外となった。

 払戻金は単勝が250円、枠複は(3)―(6)で1150円、枠単は(6)―(3)で2250円、馬複は(4)―(9)で1710円、馬単は(9)―(4)で2750円、3連複は(3)―(4)―(9)で15630円、3連単は(9)―(4)―(3)で53630円、ワイドは(4)―(9)が580円、(3)―(9)が1470円、(3)―(4)が3030円。

続きを表示

この記事のフォト

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2013年12月18日のニュース