【有馬記念水曜追い】トゥザグローリー「“リトルチャンス”だけど」

[ 2013年12月18日 18:32 ]

 トゥザグローリー(牡6=池江)はトーセンジョーダン、ロードランパート(5歳1000万)とCWコース3頭併せで上々の伸びを見せたが、ジョーダンにはかわされて半馬身遅れた。一杯に追って6F84秒7~ラスト1F12秒6。「いい動きだったし、状態は良さそう」とルメール。「オルフェーヴルは強いから“リトルチャンス”だけど、前向きに頑張りたい」と笑顔で締めくくった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2013年12月18日のニュース