【有馬記念】中山実績あるヴェルデグリーン、展開が向けば

[ 2013年12月18日 05:30 ]

 天皇賞・秋8着のヴェルデグリーンは南Aコース(ダート)を軽快にキャンター。中間は放牧を挟んだが、太め感もなく仕上がっている。担当の三野輪助手は「見ての通り、馬は元気です」と穏やかな表情。「天皇賞は展開も向かなかったし、G1は運も必要ですね。中山で走っている馬だし、あとは展開ひとつ」と好感触を得ていた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2013年12月18日のニュース