【カペラS】連覇狙うシルクフォーチュン 藤沢則師「いつも通り」

[ 2013年12月5日 05:30 ]

 このレース連覇を狙うシルクフォーチュン(牡7=藤沢則)は今年も武蔵野Sから参戦して前走着順はくしくも昨年と同じ11着。追い切りはCWコース単走で6F81秒4~13秒2を刻んだ。藤沢則師は「いつも通りのこの馬の動き。(調教パートナーの)片山君が手の内に入れているからね。しっかり我慢できていた」と評価。「前走もしまいはいい脚を使っている。中山の1200メートルダートは追い込みが利きやすい」と直線強襲をイメージしていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2013年12月5日のニュース