【カペラS】元増本厩舎マルカバッケン スタッフ一丸で勝たせる

[ 2013年12月5日 05:30 ]

 カペラSの追い切りが4日、美浦、栗東トレセンで行われた。

 北海道スプリントC2着以来、半年ぶりのマルカバッケン(牡6=中村)は坂路単走でサッと追われ、馬なりで4F55秒9を刻んだ。樋口助手は「放牧から帰ってきたときの状態が凄く良くて、先々週に結構、時計が出たから先週と今週は疲れを残さないよう調整程度。仕上がりはいいですよ」と力をこめる。管理していた増本師が先月5日に病気のため死去。「今のスタッフでやれるのは2月末まで。それまでに残せるものは残していきたい」とタイトル奪取への意気込みを口にしていた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2013年12月5日のニュース