ゴールドシップ JC制覇ムーアとの新コンビで有馬へ

[ 2013年11月27日 19:47 ]

ジャパンCを制覇したムーア

 ジャパンCで15着に敗れたゴールドシップ(牡4=須貝)は、短期免許で来日中のライアン・ムーア騎手(30)との新コンビで有馬記念(12月22日、中山)に向かうことが決まった。27日、須貝師が明らかにした。ムーアはジェンティルドンナに騎乗し、24日のジャパンCを制覇している。

 指揮官は「レース後もスッと息が入っていたし、走っていない感じ。内田君にしてもゴールドシップにしても甘さが出た。変化を見せないとね」と主戦の内田博幸騎手(43)から乗り代わる理由を説明。続けて「本人も納得してくれた。外から見ることも大事。チャンスがあれば(コンビが)戻ることもあるから」と話した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2013年11月27日のニュース