【ジャパンC水曜追い】ゴールドシップに内田「息の入りがいい」

[ 2013年11月20日 18:11 ]

 G14勝馬ゴールドシップ(牡4=須貝)は坂路でシャドウバンガード(4歳1600万)と併せて約2馬身先着。4F54秒9―13秒2を刻んだ。騎乗した内田は「息の入りはいいし、反応もいい。まるで坂路じゃない感じの手応えで、スーッと上った。先週、重馬場でビシッと追ったのが、いい方に向いている。時計は遅いが輸送があるのでこれで十分」と納得の表情だった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2013年11月20日のニュース