【ジャパンC】ゴールドシップ いい時と同じ状態、やる気引き出す

[ 2013年11月20日 05:30 ]

 京都大賞典5着からの巻き返しを狙うG1・4勝馬ゴールドシップ。前走は京都競馬場での馬房の両隣が牝馬だった。「馬っけを出し、立ち上がったりもして大変だった」と今浪厩務員は振り返る。今回は牡馬を東京へと帯同させ、万全の対策を施す。「前走のダメージはない。筋肉が盛り上がっていて、いい時と同じ状態。あとはやる気を引き出すだけ」。同厩務員は逆襲に燃えた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2013年11月20日のニュース