【凱旋門賞】オルフェ落ち着き、キズナ雰囲気良し

[ 2013年9月27日 06:00 ]

乗り運動で調整されるオルフェーヴル

 オルフェーヴルは26日(日本時間同日午後)、ラモルレー調教場の逍遥(しょうよう)馬道で1時間半の乗り運動を消化した。池江師は「落ち着きがあり、身のこなしも柔らかく順調。筋肉の張りも一段と良くなっている。追い切り(25日)の反動もなく上昇している」と語った。

 キズナはエーグル調教場(ダート)で軽めのキャンターを2000メートル。山田助手は「馬の雰囲気はとてもいい。キズナ本来の感じに近づいている。1度レース(ニエル賞)を使って確実に上向いている」と話した。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2013年9月27日のニュース