【北九州記念】ツルマルレオン 鮮やか差し切り重賞初制覇!

[ 2013年8月18日 16:00 ]

 第48回北九州記念(G3、芝1200メートル・晴良15頭)は18日、小倉競馬場11Rで行われ、小牧騎手騎乗の6番人気、ツルマルレオン(牡5=橋口厩舎、父ハーツクライ、母カストリア)が、直線差し切り優勝した。勝ち時計は1分06秒7。

 そろったスタートからアイラブリリが先頭に立ち、2番手にケンブリッジエル、その後にキョウワマグナム、テイエムタイホー、ハノハノなどがつける展開。

 4コーナーから直線を迎えると、先頭のアイラブリリが逃げ切りを図ったが、ゴール手前で中団でレースを進めたツルマルレオンが外から鋭く脚を伸ばし他馬を一気に差し切ると、最後は2着のニンジャに3/4差をつけ重賞初制覇を果たした。

 2着ニンジャから半馬身差の3着にはバーバラが入った。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年8月18日のニュース