【小倉記念】ボルト埋めた脚で夏の王者狙うマイネルラクリマ

[ 2013年7月31日 06:00 ]

 【東西ドキュメント・美浦=30日】函館出張馬も多く、静かな全休明け。七夕賞を勝ったマイネルラクリマを既に小倉競馬場に送った上原師の姿を見つけると、小田も小走りに。在厩馬が多い美浦を留守にできない分、師も現地とは連絡を密に取っている。27日夕方に美浦を出発し、28日昼前に無事小倉に到着したという。「輸送も無事クリアし、順調のようです。ハンデ58キロは仕方ないかな。福島と似た小回り&平たん。コース的にも合うと思う」と語る表情も穏やかだ。

 昨年2月の左後肢骨折で患部にボルトが2本埋まったままだが、強じんな精神力で今夏の主役に。「完全復活してくれた。先週美浦でしっかり追ったし、もともと当該週は強くやらない馬。小倉での最終追いは木曜にサラッとやればOK」。小倉記念も勝てば、サマー2000シリーズ王者に近づく。「夏の王者?頑張ってほしいね」と指揮官。はるばる敵地に乗り込んだラクリマに小田もエールを送らずにはいられなかった。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2013年7月31日のニュース