【小倉土曜新馬戦】キリシマホーマ最終追いで“水準以上”13秒6

[ 2013年7月25日 14:06 ]

 土曜小倉5R九州産限定戦(芝1200メートル)でデビュー予定のキリシマホーマ(牡=橋口、父ロドリゴデトリアーノ)は最終追いで力強い動きを披露した。

 坂路単走、馬なりで4F55秒7―13秒6と荒れたチップに脚を取られたが新馬としては水準以上のデキ。橋口師は「スタートを決めて、うまく流れに乗れれば勝負になる」と期待を寄せた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2013年7月25日のニュース