【オークス】伏兵メイショウマンボ 幸四郎背に樫戴冠!

[ 2013年5月19日 16:13 ]

<オークス>レースを制したメイショウマンボ(右・3番)、2着のエバーブロッサム左・13番)、4着のアユサン(中・4番)

 第74回オークス=優駿牝馬=(G1、芝2400メートル・晴良18頭)は19日、東京競馬場11Rで行われ、武幸四郎騎手騎乗の9番人気、メイショウマンボ (牝3=飯田明厩舎、父スズカマンボ、母メイショウモモカ)が、勝ち時計2分25秒2で優勝した。

 レースはややばらいついたスタートから、クロフネサプライズが逃げ、2番手内にサクラプレジール、外にトーセンソレイユ、4番手にアユサンが続く展開。

 隊列変わらずレースは進み、直線に入ると、先頭を行くクロフネサプライズが馬群にのまれ、好位から先頭に立ったメイショウマンボが一気に後続を突き放す。各馬追い込むも差は縮まらず、伏兵メイショウマンボがそのまま先頭でゴール板を駆け抜け、後方からしぶとく伸びたエバーブロッサムに1馬身1/4をつけて完勝した。

 2着エバーブロッサムから2馬身差の3着には1番人気に推されたデニムアンドルビーが入った。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2013年5月19日のニュース