【オークス】プレジール6番「理想的」 サルサ17番「問題ない」

[ 2013年5月17日 06:00 ]

 ≪美浦≫史上最短キャリア(デビュー3戦目)優勝を目指すサクラプレジールは6番に決まった。「内めの偶数枠なんて理想的」と満足そうに語る尾関師。「木曜の体重測定で492キロ(前走時474キロ)だった。太く見えないのに体重が増えているのは成長している証でしょう」と体調にも太鼓判を押していた。

 スイートサルサは17番。菊川師は「どのみち後ろから行くので外枠でも問題ない」と語ったうえで「それよりも天気が気になる。道悪ではフローラSのように切れ味が殺されてしまう。発走時刻まで雨が降らないでほしい」とレース当日の「曇り一時雨」の天気予報に気をもんでいた。

 ブリリアントアスクは8番の好枠。伊藤正師は「前がごちゃつきやすい内枠の方が折り合える。あっと言わせるかな?」と語っていた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2013年5月17日のニュース