【ヴィクトリアM】サウンドオブハート 勢い乗るも松山康師“慎重”

[ 2013年5月8日 06:00 ]

 昨年暮れに骨折休養から復帰後、4戦3勝と勢いに乗るサウンドオブハート。松山康師は「ここまでは出来過ぎ」とした上で「走るモチベーションを保ちながら、馬を落ち着かせなければいけない」と、中間も細心の注意を払いながらの調整だ。「息を抜かず、真面目に走る馬。タフな東京マイルでどこまで我慢できるか」と、上位人気が確実視される中、慎重な姿勢を崩していない。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2013年5月8日のニュース