×

【ドバイシーマC】ジェンティルドンナ 惜しい2着、快挙届かず

[ 2013年3月31日 06:00 ]

ドバイシーマクラシックに出走したジェンティルドンナ

 ドバイ国際競走が30日(日本時間31日未明)、メイダン競馬場で行われ、ドバイシーマクラシックに出走したジェンティルドンナ(牝4=石坂)は2着、トレイルブレイザー(牡6=池江)は最下位に敗れた。3冠牝馬として注目されたジェンティルだったが、日本牝馬初のドバイG1制覇の快挙はならなかった。また、UAEダービーのケイアイレオーネ(牡3=西浦)は10着、ドバイゴールデンシャヒーンのタイセイレジェンド(牡6=矢作)は12着だった。

 日本牝馬初のドバイG1制覇の夢は、またも散った。スタート直後は好位で進めたジェンティルドンナ。愛馬を知り尽くした岩田との呼吸もぴったり。抜群の手応えで直線を迎えたが…。鞍上が激しいアクションで促しても、爆発的なエンジンがトップギアに入らない。馬体を併せ、ライバルに必死に食い下がったが敗れた。もう1頭の日本馬トレイルブレイザーも馬群でもがいたまま。2頭そろって、世界の厚い壁にはね返された。

 無念の表情で引き揚げてきた岩田。レース前「ジェンティルドンナの力を出し切れば最高のパフォーマンスができる。この馬は、いつも最高を求められている」と、自らにプレッシャーをかけて臨んだ一戦。愛馬のポテンシャルに揺るぎない信頼を寄せているだけに、敗戦のショックは大きかった。

 石坂師も「これがレース。仕方ない」と肩を落とした。ドバイ到着後も順調に調教メニューをこなし、状態面の不安はなかった。「歴代の3冠牝馬以上の馬になると思っている。日本代表としてここに来た」。自分自身を鼓舞するように、海外メディアに対しても強気の姿勢を崩さなかった。自信を持って送り出したが、上には上がいた。

 敗れはしたが、これでジェンティルの挑戦が終わったわけではない。秋には凱旋門賞(10月6日、フランス・ロンシャン)遠征のプランもある。屈辱をバネに、ひと回り大きく成長したジェンティルの姿を、誰もが待ち望んでいる。

 ◆ドバイ・ワールドCデー 毎年3月の最終土曜日に、メイダン競馬場で行われる国際競走。高額賞金レースを1日に集中させて行い、今年はG1・5、G2・2、G3・1、ローカル重賞1の計9レースが、ナイター開催で行われる。賞金は世界最高額で、一番高いワールドCが総額1000万ドル(約9億4000万円)、1着賞金500万ドル(約4億7000万円)。シーマクラシックは総額500万ドル、1着賞金300万ドル(約2億8200万円)。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2013年3月31日のニュース