×

【高松宮記念】ハクサンムーン 西園師「何が何でもハナ切るよ」

[ 2013年3月22日 06:00 ]

 ハクサンムーンの西園師が、あらためて逃げ宣言だ。「うちの馬は抑えが利かない。ハナを切るよ。競られたら競られたで仕方ない。何が何でもハナという競馬を繰り返すことが今後に生きてくる」。これを受けてというわけではないが、メモリアルイヤー・村山師は「ハクサンとケンカしてまでは…」。アイラブリリ・福島師も「スタート次第だが、むちゃしてまでとは思わない」とトーンダウン。願いがかないそうな情勢に西園師は「この馬は人気が落ちるのが早過ぎるよ」と不気味に語った。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年3月22日のニュース